サイトメニュー

医療施設を使って痩せる

ダイエットサプリ

医療で痩せる二つのアプローチ

医療施設を利用することで痩せられるというのを知っているでしょうか。病院に通ってダイエットをすることは可能で、大きく分けると二つのアプローチがあります。一つはダイエットのやり方を医師や看護師に指導してもらうことによって痩せる方法で、美容系の診療科や肥満外来などが受診先です。美容外科や美容皮膚科などでは痩せて美しくなりたいという人たちをサポートする診療をおこなっているのが通例で、痩せるための運動や食事のメニューについて相談ができます。目標の体重や体脂肪率などに合わせてどのような計画を立てたら良いかを科学的に考えてもらえるのが特徴です。リバウンド対策についても説明と具体的な取り組み方の指導を受けることができるため、痩せて太りにくい身体を作り出すことができるでしょう。もう一つは美容外科を受診して整形手術を受けることによって痩せる方法です。一般的な運動と食事によるダイエット方法とは異なり、整形手術は受けるとすぐにその場で効果が出るのが特徴で、一日でも早く痩せたい人から人気があります。また、継続的な努力をする必要もないという点でも注目されることが多いアプローチです。全身が全て痩せてしまうというわけではなく、二の腕やウエスト、ヒップなどの気になるところだけ痩せさせることもできます。即効性が高く、理想の体型にしやすいダイエットの方法でしょう。どのような施術ができるか、個々の施術についてどのくらいの実績があるかは病院ごとに違うので、受けたい施術に応じて受診先を選ぶことが必要です。

病院でダイエットのサポートを受けたり外科手術をしてもらったりする方法は基本的には医療保険の適用外になるので注意しましょう。例外的なのは肥満治療を受けなければならない患者の場合で、病気の治療をしたり予防をしたりするのに必要なときにだけ保険適用で指導を受けられることがあります。痩せて美しくなりたいという目的の場合には、健康保険制度が目指している最低限の医療を誰もが受けられるようにするという範疇を超えてしまっているからです。しかし、考え方を変えると保険適用をするための施術内容にこだわらずに病院が独自の方法でサポートをしたり、最新の美容整形手術のサービスを提供したりすることができます。その中から自由に選んでより良いアプローチでダイエットをすることができると肯定的に捉えることも可能なのです。病院側としても他との差別化をするために新しい技術を導入したり、他にはないノウハウを取り入れたりしているケースがよくあります。悩みを持っている人が多くて競争の激しい分野だからこそ自由診療であることによって利用者の選択肢が増え、理想を追求しやすくなっているのが実態です。自由診療なので全く同じ内容の手術を受ける場合にも病院によってかかる費用が異なるのが普通で、比較して決めることが重要になります。一般的には見積書を出してもらったうえでサポートや手術を受けるかどうかを判断できる仕組みになっているので安心です。複数の病院で同時に診療を受けても問題はないので、興味があるところには足を運んで比較してみるのが良いでしょう。